広告
  • 2014年10月01日号
    TOP>ニュース

    少女時代ジェシカ公式発表、「一方的な退出通報に傷つけられた」(全文翻訳)

  • ガールズグループ「少女時代」からの脱退が発表されたジェシカが1日、自分の広報代行会社を通じて「一方的な退出通報を受けた」と公式発表した。

    【ジェシカ公式発表全文翻訳】
    こんにちは。ジェシカです。
    私は9月29日、所属事務所より少女時代から出て行ってほしいという退出通報を受けて、これに対しとても当惑して、辛い気持ちを隠せなく、私の立場を明らかにしたいと思います。

    私は今まで少女時代の一員として私のプライベートや事業より少女時代の活動を優先してやってきました。しかし、グループのための私の努力と献身にも関わらず、私は所属事務所よりグループから出て行ってほしいという通報を受けました。

    私は前から個人的に興味を持っていた事業を計画する過程で、SM所属事務所とメンバーに事業の準備段階から最近まで数回にわたり事業について十分に話し合って、理解を求めてきました。

    8月初旬、BLANCの事業をローンチングするまでSM所属事務所から事業並行に対する同意と許可を得て、メンバーに祝われながら事業を始めました。

    しかし9月初旬、ローンチングからわずか1ヶ月でメンバーは突然態度を変えて会議を招集、その後、私に正当な理由もなく、事業をやめるか少女時代を離れるかの二者択一を要求してきました。これを受け、所属事務所の許可をすでに得ていて、今まで少女時代の活動をおそろかにしたことがないこと、そしてBLANCをローンチングしてから1ヶ月間にわたり締結された関連事業パートナーとの契約など、事業を中断することができない事情について説明しました。結果的に、私は選択をすることは不当な要求だと訴えました。少女時代のメンバーになったのは私の人生の中で最高の出来事で、これをやめたいとは思ったことがなかったためです。その後、慌てていた私は9月16日に所属事務所の代表に会ってこのような私の立場を伝えて、その場で再度事業並行に対する許可を再確認しました。

    しかし私は9月29日、所属事務所から少女時代を出て行ってほしいという一方的な通報を受けました。それによって翌日の9月30日に予定されていた中国深圳でのファンミーティングイベントにも参加できなくなり、その後の全ての少女時代の活動で除外されました。

    私は何よりも私が熱情と愛情を注ぎながら今まで15年以上を一緒にやってきた仲間のメンバーたちと事務所から私が事業をするという理由で少女時代を出て行ってほしいという要求を受けたことでとても傷つけられたし、悲しい心境を隠せないです。

    心ならずもファンの皆さんにご心配をおかけして申し訳ありません。このような状況は決して私が望んだことではないことをご了承願います。私はいつも少女時代を大切にしてきて、これからもそうします。いつも私のことを応援して、愛してくださってありがとうございます。

     
    ※関連記事
  • LINE it!
広告
広告
広告